HOME>トピックス>心理カウンセラーを目指すなら【資格取得に適した学校を選択】

目次

取得するに良いものとは

心理カウンセラーという資格そのものは実は存在しておりません。しかし、心のケアに努めるカウンセラーを、心理カウンセラーと呼ぶことがあります。資格が存在していないというのであれば、どのような資格を取得すれば心理カウンセラーとして活動することができるのか、その資格の種類はいろいろとあります。まず一番知られているものでは、臨床心理士や公認心理師です。これは大学を卒業してから指定された大学院へ進学しなければ取得することができません。

大卒でなくても取れるもの

そのほかの資格では認定心理士や産業カウンセラーがあります。認定心理士は大学で必要単位を取得すれば、試験を受けずに書類審査で取ることができます。産業カウンセラーは大学を卒業してからとることもできれば、大学を卒業していない人でもセミナーに通って必要単位を取得することができれば得ることができます。ほかにも心理カウンセラーになるための資格は存在していますが、主に知られている資格を取るほうが、カウンセリングを受けに来た人に信頼されやすいといわれています。

養成スクールの探し方

もし大学を卒業しておらずに産業カウンセラーの資格を取りたいと考えるのであれば、セミナー、いわゆる養成スクールに通って取得する方法があります。その養成スクールはどのように選んで通えば良いのかですが、日本産業カウンセラー協会から情報が発信されています。そのホームページから、自分が住んでいるところから一番近いところを探し、通うことで心理カウンセラーとして必要な授業を受けることができるようになります。

必要なスキル

心理カウンセラーは心のケアに努める専門家となる職業です。そのためには、心のケアに取り組むスキルの証となる資格を持つことで、カウンセリングを受ける人を安心させることができます。

広告募集中