HOME>オススメ情報>保育士になる準備を勉強しながら進める!【子供好きが集まる学校】

保育士が目指せる大学へ行こう

保育士は、なりたいと思ってもすぐになることができるものではありません。保育士が目指せる大学へ行き、必要な授業を受けて単位を取得することが必要です。保育士が目指せる大学は、子ども学科、児童学科、幼児教育科のような学科のある大学です。学部学科の紹介を見ておくと、目指せる学校かどうかはある程度わかるはずです。

保育士の学校に通う前に見ておきたいQ&A

保育士に向いているのはどんな人?

子どもが好きであることはもちろん、責任感や忍耐力を持ち合わせている人です。

保育士として働ける場所は?

保育園や児童館、児童養護施設、児童自立支援施設など多岐にわたります。

保育士の平均的な給料は?

保育士の毎月の給料の平均は18万円前後、ボーナスなどを含む年収は250万円ほどです。

子供の笑顔が好き

園児と保育士

保育士になりたいと考える人の多くは、子供と接することが好きと答えます。毎日朝から晩まで、小さな子供と一緒に暮らすことになるのですから、本当に好きでないと出来ない仕事と言えるのです。この保育士になるためには、資格が取得出来る学校をする卒業する必要が出て来ます。

資格試験が必要な場合も

保育士の資格が取れる学校には、全国にあり大学や専門学校になります。その中でも大学や短期大学、専門学校が厚生労働大臣指定校であれば、卒業と同時に資格を取得出来ることになります。また指定外の大学や専門学校を卒業した人は、保育士の国家資格試験を受験して合格することが必要です。しかし通学が難しい人や既に働いている人などは、通信教育で学ぶと言う方法もあります。更に最近では、幼稚園教諭免許状も同時に取得出来る学校も多くなりました。

肉体的にハードな職業

保育士の仕事は学校で学んだ以上に相当な肉体労働でもあり、精神的にハードな職業です。赤ちゃん同様の我儘一杯の子供たちをまとめて行くのですから、かなりハードな職場となっているのです。それだけでなく、子供たちの両親とのコミュニケーションを上手に図ることも大事な仕事になり、難しい環境にもなって来ています。綺麗事だけでは済まない職場で、毎日が笑いと涙で忙しい世界で暮らすことになります。その中で子供たちが一日一日成長して行くことが判り、仕事をしている喜びにもなって来ると言われます。

広告募集中