税理士になるためには勉強が第一

税理士になるには、税理士試験に合格しなければなりません。税理士試験は1年に1回行われます。例年8月に行われ、3日間かけて遂行されます。試験が終わった後は、各専門学校が解答速報を公開し、合格点などが予想されます。また、税理士になるには試験に合格する以外に、2年以上の実務経験も必要となります。

税理士試験対策をする上で気になるコトをここで解消!

税理士試験の科目はいくつ?

筆記試験の科目は11種類あり、必須科目の簿記論と財務諸表論の2種類のほか、選択科目の中から3科目に合格しなければなりません。

一度にすべて合格しなければいけない?

科目合格制となっているので、一度で5種類の試験に合格する必要はありません。自分のペースで受けられます。

試験に受かるために必要な勉強時間は?

一般的には、1科目につき年間450時間の勉強時間が必要だとされています。2科目同時に勉強する場合は、750時間です。

就職有利な税理士試験の科目は?

法人税や消費税は実践において需要が高く、就職に有利に働きます。また、法人税と消費税は重複する部分もあるので試験勉強も効率的にできます。

受験資格はあるのか?

学識による受験資格、資格による受験資格、職歴による受験資格の3つがあり、どれか1つに当てはまれば受けられます。

電卓と書類

素早く結果が見られます

税理士試験は一般的な簡単な検定試験とは難易度が全く違ってきています。合格していくためには複数の科目を受験していく必要があるため、とても多くの時間を使っていかなければなりません。通常は数年間の時間が必要になってくるでしょう。こうした困難な試験であるために、試験終了後にはやはり結果が気になるところです。そこで税理士試験の解答速報というものがあります。これは税理士試験が終了した後に、それぞれの専門学校が独自に問題を解いて、解答を掲載しているものです。通常試験後からかなりの早時間に解答が発表されるので、すぐに答え合わせをしたい人には大きく役に立つものになります。また、中には解答方法について詳しく動画などを使い説明しているものもありますので、参考になります。

勉強になる

最近の専門学校はただ単純に税理士の解答速報をホームページに載せるだけ、ということはしていないケースが多いです。通常それぞれの科目ごとに、独自の意見等を加えた解説も行っています。そのため、一箇所だけ見て答え合わせをしてお終い、というのでは使い方がもったいなさ過ぎます。もしもさらに勉強したいのであれば、それぞれの専門学校ごとの講評等を見ておくことをお勧めします。そうすれば、より一層の理解が広がりためになります。

他の科目も見られる

こうした解答速報は自分が受けた科目だけでなく、他の科目も見られる様になっています。そのため、参考のためほかの科目もチェックしておくことをお勧めします。税理士試験は通常一年で合格することはなく、合格するために時間がかかります。まだこれから受ける科目があるのならば、この際に解答速報を見ておくと参考になります。見ても分からないようでしたら、少なくとも、データで保存しておくなりしておくと後に役に立つ可能性があります。

広告募集中